理科野外実習

By: Admin | Posted on: 2017-09-16

 2017年9月15日(金)、自然の中での直接体験をとおして、自然を深く理解することを目的に2学年理科野外実習が行われました。植物観察(恩納村 沖縄県民の森)・褶曲観察(名護市底仁屋)・マングローブ観察(東村 ふれあいヒルギ公園)が行われました。
 琉球列島が大陸と繋がっていた時代があったこと、マングローブの種が世界中の海流を駆け巡っていることなど、ローカル(郷土)を観察してるようで実はグローバル(地球)を観察していることを感じていました。